賃貸管理に必要な資格や技術
2017.07.26

洋風な家賃貸の管理をするためには、実は資格というものが必要になってくると、ご存知でしたか?何も知らず始めて後で痛い目を見てしまう可能性も無くはないです。平たく言えば、法令違反になってしまうこともあるため、しっかりと資格を取っておかないといけないわけです。意外と知らない人も多く、資格を持たずに賃貸サービスを提供してしまっている人は多い状況。だからこそ、ここで、賃貸管理に必要な資格と技術について触れていきます。資格と言うと、ついつい難しいものと捉えてしまいますが、普通にしっかりと勉強をしておけば問題ありません。以下より、その資格・技術について触れていきます。
■賃貸管理に必要な資格は「賃貸不動産経営管理士」
見出しを見て、面を喰らってしまったかもしれません。いきなり「賃貸不動産経営管理士」と言われてもピンとこないと思いますし、何よりもイメージが掴みにくいため「何だか難しそう」と身構えてしまいます。しかし安心して下さい。そんな難しいものではありません。単純に「賃貸不動産を管理するスペシャリストになりましょう」というお話だけです。もちろん誰でも彼でも所持することができる資格ではありません。相応の勉強をして資格を取得しないといけません。しかし、普通に勉強をしていけば、必ず取れる試験になります。平成28年度の合格率は50%超えとなっているため、決して狭き門ではないということが理解できます。ともあれ、自主管理をしていくのであれば、必ず所持をしておきたい資格になります。
■必要な技術は様々なあるけど…コミュニケーションのスキルは持っておくこと
先ほどのお話はあくまでも資格的なお話で、免許みたいなものです。しかし免許を持ったからと言って、何事も上手く事が運ぶというわけではありません。自動車の免許も同様で、免許を取ったからと言って、自動車の運転が物凄く上手くなるものでもありません。免許を取って、実際に運転をし初めて学ぶことは多くあるわけです。賃貸管理も、実際に賃貸を自主管理をしてから学ぶことも多いということです。ただ前もって対応できるものもあります。それが「コミュニケーション能力」です。自主管理をする場合、入居している人から何かしらのトラブルが報告されたとき円滑に解決まで持っていかないといけないわけですが…。このときに威力を発揮するのが「コミュニケーション能力」になります。こういったことは目に見えているため、ぜひともスキルとして身に付けておきましょう。

▲ ページトップへ