賃貸管理委託に必要な費用
2017.07.26

きれいな一軒家賃貸の不動産の管理を業者に依頼をすれば、当然、費用というものが必要になってきます。今回は、この費用に関してをテーマにお話を進めていきます。この費用を見て「管理会社に依頼をするよりも、自分自身で管理をした方がよい」と判断することができるかもしれません。ともあれ…。自身が所有する不動産を賃貸として扱い、自分自身で管理をしていくのか?それとも、賃貸管理委託をした方がよいのか?この大きな判断材料になるところです。前置きはこれくらいにしておいて、本題に以下より入っていきます。
■基本的な費用は「管理料金」
ズバリ「管理料金」と呼ばれる費用が必要になってきます。言葉からも察することができる通り、賃貸管理の委託した業者に対してサービス料のようなイメージで管理をしてくれる対価として支払う費用になります。この管理料金は、賃貸の物件を管理する会社によって大きく異なってくるため、委託契約を結ぶときにしっかりとチェックをして行く必要があります。また、業者選びをするときも、比較対象となる部分です。「具体的な数字を挙げてくれないと困る」という声もあるかと思うため…あくまでもざっくりとではありますが紹介をしておきます。それが…多くの場合が家賃収入の◯◯%という形を取り、その割合が5%~10%前後。これが目安になります。もちろん、家賃収入から数%という形ではなく、完全な固定料金を費用として徴収されることもあります。
■その他の細々とした費用も賃貸の管理会社によって異なる
上記のお話はあくまでも基本的な部分になります。業者によっては、これ以外にも様々な「サービス料金」として徴収をしてくることも。細かい部分であれば「週1度のアパート清掃は月5,000円」のようなイメージです。先ほど、紹介した基本的な「管理料金」に、このような清掃費を含めているという業者も当然存在するというわけです。例えば、管理料金が他社よりも低いと感じた場合、このような細かい部分のサービスで別途徴収する形を取っているかもしれないということも予想されます。
■賃貸の不動産を管理となった場合「不動産の種類」によっても費用が変わってくる
基本的に、不動産の管理を委託する場合は、アパートだったり、マンションだったりします。しかし中には一軒家の場合もあります。このように、扱う物件によって、管理料金が変わる場合も多々あるということも頭に入れておきたいところ。ともあれ、業者によって料金形態は様々になっているため、しっかりとした「理解」が必要になってきます。

▲ ページトップへ