賃貸管理会社の選び方
2017.07.26

屋根賃貸の住宅を管理を依頼するために、様々な業者を比較していくことになりますが…。その賃貸管理会社の選び方というものを意外と知らない人も多いです。正直なところ、この賃貸管理会社選びに失敗をしてしまうと目も当てられない状況になってしまう可能性が秘められています。理由は単純で、賃貸の管理する業者とトラブルに発展して、精神的にも肉体的にも金銭的にも大きなダメージを負ってしまうからです。まさに目も当てられない状況とは…このこと…と言いたくなるほどのものです。だからこそ、管理会社の選び方は非常に重要になってくるわけです。では、どのように選択をしていけばよいのか?を次よりお話をしていきます。
■賃貸の住宅の管理を含め多くの実績を持っている業者を選ぶ
アパート・マンションだけではなく、住宅の賃貸管理も行っているような業者。これが、まず頭に入れておきたい選び方になります。「所持している不動産で利益を上げる」となると、ついつい「アパート」「マンション」をイメージしてしまいますが、住宅(一軒家)も賃貸の対象となることもあります。業者を選ぶとき、これらの実績もあるのか?とチェックするべきというわけです。理由は単純で、業者として管理するノウハウを多く所持しているか?が重要になるからです。一軒家の賃貸管理と、アパートの賃貸管理、そしてマンションの賃貸管理は、全く状況が異なるため、業者の力というものがモロに表に出てくるわけです。これをしっかりと見極めていきましょうということになります。
■やはり大手は安心だけど…中小規模の業者には相応のメリットがある
続いて、選ぶときにチェックしたいモノは「業者の規模」です。「大手が良い」「中小の規模がよい」という明確な答えがあるわけではありません。いずれも、一長一短があるため、自分自身の所持している物件がどのようなものか?をしっかりと見極めて、その一長一短に合致するのか?をチェックする必要があります。つまり、自身の状況と各々のメリットを理解して選んでいく必要があるということです。
■所有する不動産が横浜であれば賃貸の管理も横浜の業者に依頼する
ここで伝えたい「選び方」は、所持している不動産がある地域に本拠地を置いている業者に依頼をするということです。言うまでもありませんが、離れすぎていると、何かと不便です。例えば「直ぐに現場に足を運んでトラブルの対応ができない」などです。トラブルの内容によっては、時間との勝負になることもあるため、やはり近場がよいという考え方になります。

▲ ページトップへ