入居率で左右される収益の仕組み
2017.07.26

かわいらしい一軒家賃貸の物件を管理する会社に依頼をしても、絶対的に変わらないことがあります。それが「収益」についてです。ここで伝えるテーマは、この収益についてですが、単純に頑張って収益を上げましょう!という話ではありません。どのように収益が上がってくるのか?という仕組みについて触れていきます。そして、その仕組を知る上で最も大切になる「入居率」がテーマとなってきます。ごくごく当たり前のことではありますが、改めて基本を押さえて、しっかりと収益を上げるようにしていきましょう。前置きはこれくらいにして、以下より本題に入っていきます。
■基本的に入居からの家賃のみが収入となる
賃貸の住宅を管理するにせよ、賃貸の管理で得られるものは、基本的には「入居者からの家賃」が収入になります。アパート経営だったり、マンション経営だった場合は、他にも駐車場料金の収入も見込めるケースもあります。どちらにせよ、あくまでも入居者あってこその収入になることは違いはありません。ちなみにですが、賃貸の管理を横浜など…いわゆる都会で管理を行うと、この駐車料金がべらぼうに高くなるため、収入も必然的にアップします。ただし、その駐車スペースがあるのであれば、建物を大きくして家賃収入を狙った方がよいケースもありますが。ともあれ、これが基本的な収入になります。
■出費はローン返済など多くある
出費に関しては、少々複雑です。複雑というよりも「項目が多い」と言ったほうがよいかもしれません。まずはローン返済。多くの人が、銀行からお金を借りてアパート経営なりをしていくことになると思われるため、これが大きな出費になってきます。他にも、メンテナンス費だったり、税金だったり、何かと支出があるわけです。結果、利益は、これらを引き算して余ったお金となります。
■家賃収入がなければ赤字になるという基本的な仕組み
収支の基本は上記に記載した通りです。結果、家賃収入がなければ、全くの赤字になってしまうわけです。となれば、重要になってくるのが、当然、入居率になってくることは言うまでもありません。これがアパート経営などの難しいところになりますが…入居率を上げるために単純に家賃を安く設定すればよいというものではありません。薄利多売の世界ではないため、あまりにも安くしてしまうと、なかなか難しい部分もあるわけです。もし、賃貸を管理会社へ委託しているのであれば、「家賃をどれくらいに設定して100%フル稼働にするのか?」をしっかりと相談することが大切になります。

▲ ページトップへ