自分でトイレリフォームする際の注意

自分でトイレ リフォームをする際に注意したい点がいくつかあります。トイレで大切なことは清潔であることと、安全であることです。清潔を保つためには掃除がしやすいトイレであることが大切です。床材を水で洗えるように、強いものにすることや、収納をつけるなら扉の開き具合や奥まできちんと清掃できるようにしておかないと、子供の来客が来た際などに大人では想像もできないような所に尿をこぼしたりして、手が届かない所にまで広がってしまうと掃除が全く行き届かなくなってしまいます。安全面でいうと、便器の大きさと扉の開く方法を考えておかないと、内開きにすると体格の大きな男性などはトイレに入ること自体に手間取るようなことになってしまったり、座った時に膝が壁についてしまい快適に過ごせない空間になってしまいます。スリッパを置く場所やペーパーホルダーの位置もちゃんと考える必要があります。

トイレ リフォームする際の便器の選び方は最新型にも注意が必要

トイレ リフォームをする際に、新しい最新型の機能のついた物をどうしても選びたくなるのが人情というものです。ただし、その際にも注意しなくてはならない点があります。特に家の作りが古い場合や2階以上に設置する場合は、必ずしも最新型が適しているとは限りません。なぜならトイレは水圧が非常に大切になるからです。2階以上は1階よりも水圧はどうしても弱くなってしまいますし、古い配水管の場合、管の中が錆びてしまっていて狭くなっている場合も多く、節水トイレの水圧では流れなくなってしまったので再度交換した、という失敗談もあります。また最新型のタンクレストイレはすっきりしたデザインで掃除もしやすく人気ですが、ウォシュレットが故障した場合、ウォシュレット部分だけを交換できないことも考えておく必要があります。

快適な空間を目指したトイレ リフォームとは

せっかくトイレ リフォームをするなら、自分や家族が快適に過ごせるようなインテリアを目指したいものですが、その際にも注意したい点があります。まずは床ですが、ナチュラルな空間を目指して無垢材などを使いたい場合もありますが、水に弱い素材は朽ちていくのを楽しむ目的以外では使わない方が良いです。最近では、トイレ用に特化した加工をしてある素材もたくさん出ています。水に強いのは当たり前として、更に洗剤やアンモニアに強い加工のしてある床材もたくさんあります。尿が飛び散る範囲の便器の周辺のみセラミックタイル張りにしてしまうのもお薦めです。壁紙も尿が飛び散る可能性がある箇所はトイレ用に販売している壁紙を貼る方が後々の掃除が楽にできるのですが、便器から離れた場所のみ、輸入壁紙などをつかってアクセントにするのも今の流行りです。また、手洗いを付ける場合は、手洗いの水の飛び散る範囲も注意しましょう。