トイレ リフォームか便器交換か

トイレを新しくする場合、リフォームするか便器を取り換えるかについてですが、時期や場合によります。例えば、便器が未だに和式で様式に変えたいという気持ちでいるなら変えた方がいいですね。他にも、便器のトラブルで水のトラブルに派生してしまったなんて事例があれば買えた方がいいかもしれません。トイレ リフォームで基本は良いと考えていいでしょう。基本的にトイレも劣化すると、便器自体は変えた方がいいですが、何よりお金も多大な金額が掛かってしまいますし、リフォームで済むのならそちらにしておきましょう。他にも、そのトイレ自体の性能を上げる事も可能です。自分で、「もうこのトイレが使い物にならない」と見極めたのであればいいでしょうが、リフォームのみの修正でなんとかなるのではないかと考えている方は一度業者に電話して聞いてみるのも得策でしょう。

トイレ リフォームでは最低でもこれだけは覚えておきたい

トイレ リフォームをする前に気を付けて理解しておきたいポイントとしては、便器の取り換えだけであれば最短一日で交換が可能になります。何日か使用できないのは困ると言って修理に出さない家庭も多いと聞きますが、現在の仕組みでは1日で対応が可能になります。ですが、従来の便器を除去する工事が発生する場合はどうしても日にちは掛かってしまいます。しかし、最近出されている便器では、専用のアジャスタを使用し、配管を床の上から延ばすことができるようになっているので、床上のみの工事で交換が完了します。工期が短く、加えて費用も安くできます。そして、マンションに住んでいる方でもリフォームは対応可能です。マンションだから、リフォームできないのではないかという方も結構いますが、便器の後ろ壁や排水管に付いている場合がほとんどなので、こういった事も覚えておきましょう。

トイレ リフォームをするにあたり気を付けたい事

トイレ リフォームの目的は明確にしておきましょう。リフォームの目的がしっかりしていないと余分に金額を払ったり、逆に修理しに来てもらっているのに、修理する場所の伝え漏れがあり修理されない可能性が高まります。温水洗浄便座を付けたいのか、トイレが寒いのが嫌なのか、手すりを付けたりなど、色々ありますが、必ず明確にして伝えるようにしましょう。他にも、トイレのサイズを把握しておくといいでしょう。トイレの全体サイズにより、取り付けられる便器サイズも異なってきます。またトイレ内のコンセントの位置も把握しておくとよいでしょう。最後には予算ですね。リフォーム費用には便器などの商品代+工事費用が必要になってきます。後から請求されないためにも、自分で全て把握して無理なくリフォームする事が理想的です。