トイレリフォーム商談はこうすすめよう

トイレ リフォームを考えているのであれば、まずはリフォーム業者との商談が必要です。その前にどんなトイレにしたいのか、どの部分をどう変えたいのか等、自分の要望をまとめておきます。ホームページなどで得た情報や写真などもあればまとめてストックしておくといいでしょう。そして、リフォーム会社へ連絡します。オフィシャルホームページに商談の仕方について細かく説明が記載されている会社もありますので参考にするのもいいでしょう。商談は、匿名でできるところが多くあります。自分の住所や電話番号、メールアドレスなどは伝える必要もなく、ききたいことを質問でき、知りたいことや気になることを相談することができるのです。個人情報が守られているので、安心して納得がいくまで話を聞くことが大切です。

トイレ リフォーム時には業者の提案をうけましょう

トイレ リフォームを考える場合、使用している便器の交換やトイレや便器の場所移動、バリアフリー化など、いろいろなことが考えられます。トイレの臭いが気になっていたけど、リフォームしたら改善したということもあります。日頃の悩みも、リフォームすることで解決することも期待できます。トレイのプロでない限り、トイレ内に使用する備品や設備について詳しい人もそうはいませんので、もし特定のメーカーにこだわらないのであれば、温水便座やウォシュレットなどの設備は、リフォーム業者に設置希望の旨だけを伝えて、リフォーム業者サイドからおススメのメーカーや商品の提案をもらうといいでしょう。その時に予算も一緒に伝えることで価格がおさえられたり、お値打ちでお得な情報が得られたりするかもしれません。

トイレ リフォームの情報収集は大切

トイレ リフォームをする際に、空間はそのままにして便器やウォシュレットといった設備の交換や設置の場合、それらの設備の価格と工事料金の見積もりをとります。インターネットでは同時に何社も見積もりをとることができるサイトがありますので、ぜひ活用してください。見積もりがでて比較検討したら、決めようとする業者がどういう仕事をしてきたのかを調べます。ホームページ上で確認することができたり、利用者の口コミを見たりすることができたらベストですが、ネット上で入手することができない場合は、その業者に連絡して会社の資料などを取り寄せるなどしましょう。トレイは毎日使うものですし、不具合が出た場合の保証や対処について知っておくことは重要です。リフォームの相場やリフォーム後の保障期間など、情報は多いほどいいでしょう。