シャワートイレのみのリフォームについて

一般家庭のトイレは10年を過ぎるといろいろと不具合がでてきます。温水洗浄便座やトイレのタンクの部品の故障が起きたらトイレリフォームを考える時です。今や多くの家庭に設置されているシャワートレイですが、リフォームする際は最新のものはランニングコストをおさえたものが多くなっていますのでよく吟味して選んでください。普通に使用するにも電気代がかかりますし、当然機器代もかかりますので、なるべくランニングコストをおさえたものにするのが一番です。ほとんどのタイプのトイレに取り付け可能なのはシート型のものです。自分でも取り付けが簡単にできてしまうシート型は、最近では取り付けに必要な備品だけでなく工具まで梱包されているのでとても便利です。賃貸のお部屋でも取り付けられるのは嬉しいですね。

トイレリフォームでお得になるのです

トイレリフォームをするのに思い切って、便器ごとリフォームしてしまう場合、タンクレスタイプのものが人気です。タンクがないということは、その分場所を取らないということなのでトイレ内がスッキリします。便器のふたに凹凸のないものの場合は、隙間がないのでホコリがたまりにくいですし、お手入れも簡単です。便器内のお手入れも簡単にすむよう汚れや水垢がたまらないように工夫されているものがありますので、いつでもツルツルでピカピカのトイレであるのは嬉しいですね。ウォッシュレット機能も多岐に渡るので、ノズルの様子、除菌機能など、気になる部分をよくチェックしてリフォームに取り入れてください。トイレリフォームをする際に、水の節約についても考えたいものです。節水試算情報を確認してリフォーム前と比べてどれくらい水道代がお値打ちになるのか確認してください。

トイレリフォームする前に確認すること

ウォシュレットがついているものにする場合、まずは、ウォッシュレットは電気を使用するので、コンセントがトイレ内にない場合は設置することができません。仕様電源は100Vでアース付きのものがベストです。トイレからコンセントが離れている場合やコンセントがない場合は、別途配線工事が必要になって大がかりなトイレリフォームになります。一般的なトイレはタンクと便器が別々だけどくっついているタイプのものです。このタイプは問題なく、ウォシュレットが取り付けられますが、例えば、トイレの角に三角形の水のタンクがある場合、ウォッシュレットが設置しにくいこともあります。購入前に確認しておきましょう。そして、浴室内にあるトイレにはウォシュレットの取り付けは、漏電も心配ため設置することができませんので覚えておきましょう。そして、大きすぎても小さすぎても取り付け不可能なのでサイズ確認を忘れないようにしてください。