トイレのリフォームについて考えます

一生のうちで過ごすトイレでの時間は約3年とも言われています。和式便所や小便器、そして一昔前は非水洗便所と様々なタイプのトイレが存在しました。近年は下水道整備が目覚ましく発展し水洗式の洋式便所が主流となり、トイレは長居したくなるような快適空間へと変貌を遂げています。毎日使うものだからこそ、居心地のいいリラックスできる場所にしたいものです。トイレは約10年で不具合や故障がでてくるとも言われているので、その10年を目途に自宅やオフィスのトイレ リフォームを検討するのがおすすめです。カラーやトイレの形はもちろんですが節水や機能性についても今は様々なタイプがあるので十分検討して納得したトイレ リフォームをしたいものです。不具合や壊れてしまってからでは、急すぎて業者の思いどおりにされてしまったというケースもあります。ついつい後回しにしがちですが、時間があるときにこそゆっくり考えることができるトイレ リフォームをお勧めします。

清潔を保つために掃除のしやすさを選んだトイレ リフォーム

トイレが汚れは、便器のこびり付き汚れや水垢汚れと様々な原因があります。1日に何度も利用する場所だからこそ、自分だけでなく誰もが気持ち良く利用したいですね。まずはトイレ リフォームの際、掃除のしやすさを選ぶことが重要です。大きすぎる便座はお値段も手ごろで一見座りやすそうとも思えるのですが、立って用をする場合はスペースが狭くなるため飛び散ることになり、結果的に床を汚す原因になります。最近では便座もフタの裏や便器のフチの溝がないもので、手入れがしやすくかつ苦痛にならずコンパクトな商品が多くあるので厳選して十分なスペースづくりも大切です。また下水管が外にでてしまっているものだと、トイレの奥の掃除となるのでより狭く頭や身体をぶつけることもありますし、床に接している分ホコリが付きやすい現状もあります。

大きく周りをとらえたトイレ リフォームの重要さ

うっかり忘れがちな照明ですが、雰囲気がいいから居酒屋やカフェのような間接照明を設置する人も多いです。しかし狭い空間に間接照明をつけてしまうと掃除に影響がでるだけでなく、健康管理においても見落としがちになるというデメリットがあります。同じように床もおしゃれにと素人判断で好きな物を選んでしまうと、1年で傷むこともあります。特にうちは座って用を足すからという家でも、家族以外の来客にいつも座ることを促すことは難しいものです。トイレマットを使用しても治まりきらず、床だけでなく壁にも尿の飛び散りはあるので、専門業者に相談してトイレ リフォームを勧めることが大切です。タンク上にある手洗い箇所はすぐ隣にタオルを置いておかなければ、床に水を落とす原因となります。とても狭いスペースですので、別の場所に手洗い箇所を作るのがいいです。