接触式変位計とはどんなものか

変位計の中でも接触式変位計というのはどのような特徴があるのかというと、トランス式とスケール式とに分かれます。トランス式というのは、コイルに電流を流すことで磁界が発生し、その中にコアを挿入すると、挿入量に応じてコイルのインピーダンスが変化して、変化する信号レベルを計るというものです。

Read the rest of this entry »